IOHARA SEIJYUDO

神戸野人先生

伝統を継承しながら現代に生きる屏風作品の新作コレクション

神戸野人作品 『手漉き和紙絵』の1つ。
和紙の美しさに魅せられ、飛弾山中において豊かな清水を用いて製作する。
本間二曲屏風 西陣織モールディング縁仕上げ。

手漉き和紙絵
   

神戸野人作品 『手漉き和紙絵』の1つ。
和紙を漉くその行程の段階で様々な色に染めた楮の繊維を重ねて、一枚の和紙の内に閉じこめる。
そのため色調のぼかし、色の生命感や作品全体の統一感など、ちぎり絵とは似て非なる品位を持つ。
その作風は山間で育てられた感性により山水絵の空気のグラデーションや草花の質感に発揮されている。
三尺二曲屏風。

手漉き和紙絵
   

『雪山』
神戸野人作品 『手漉き和紙絵』の1つ。
楮の繊維を各々に重ね樹木一本毎に仕上げ、一枚の和紙に漉き上げる。
本間二曲屏風。

雪山
庵原清寿堂へのお問い合わせはこちらから